現在、最も昔と変わったことと言えば、コンテンツがデータ化されたことです。
例えば画像といえば、昔は写真であり、ネガと写真が消えうせれば自動的になくなっていましたが、現在はメールでばら撒いたり、簡単にコピーできます。
情報もデータ化されており、非常に便利なのですがそれと引き換えに危険になります。
実際、共有ソフトから漏れ出した情報や写真がばら撒かれ、何年たっても見られたくない写真が世界中に晒されてる事例など、珍しくありません。
だからこそ、情報漏洩対策は万全にしておきたいです。
個人レベルですら永遠に恥ずかしい思いをしたりするくらいですし、これが企業や団体などになると、責任問題に発展してきます。
顧客リストなどお金に換算できるものなら、下手をすると起訴にまで発展するかもしれませんし、恐ろしい事です。
ですから、デジタルアーツ株式会社が提供しているようなソフトを、有効に活用したいものです。
例えば、メールを送った後から削除できるものや、ファイルを消したり、記録を遠隔で削除できるものなんかがあります。
これらの機能があれば、ヒューマンエラーをした後でも、しっかりと安心して、情報漏洩対策が出来るので頼もしいですよね。