歯科矯正と聞くと、どうしても歯に金属のようなワイヤーをつけてと考えている人も多いでしょう。
人は、食べたり話したりするときに口を開きますので、歯科矯正をしていることが周囲にわかってしまいます。
そこで矯正をしていることを知られることなく、矯正ができる方法が見えない矯正です。
見えない矯正とは、歯の表側ではなく裏側より矯正装置を取り付けることで歯並びをよくすることができます。
また、歯に透明な型をはめる方法もあります。
周囲に矯正していることを知られたくない方や、仕事上口をあけることが多い方は気にする人も多いですので、見えない矯正に興味がある人が多いでしょう。
また、表側から矯正するより技術も必要となりますので、金額は高めですので考えている方は相談してみましょう。