安田隆夫は、昭和24年生まれで総合ディスカウントストアのドン・キホーテを創業した実業家です。
大学卒業後、不動産業界の仕事をしていましたが倒産などにより働き口が無くなってしまいました。
その後、自分のしたい事を探した結果、処分品やサンプル品を安く売る商売を始めました。
1978年には、泥棒市場をオープンさせました。
深夜に安田隆夫一人で品出しをしていたお店に、お客が間違えて入ってきてしまいました。
これらがきっかけで、ナイトマーケットというジャンルを作る事となりました。
商品棚には、手が届きにくかったり、見にくかったり、探しにくいという陳列を泥棒市場でしていました。
そうしますと、商品が大量に陳列できるメリットがあります。
この陳列方法は、従来の流通業の逆をいく方法でした。
その後、ドン・キホーテというお店に変え、日本各地に勢力を伸ばしていきました。
安田隆夫は、現在経営からは退き、代表権のない創業会長兼最高顧問についています。