フランチャイズ契約は大きなメリットが見込める反面、いざ大きなトラブルが起こってしまうと解決するのに苦労する問題でもあります。
フランチャイザーと呼ばれる本部から様々な権利を与えられて店を経営しているフランチャイジー側としては、なにか不満な事が起こっても思うように意見を言えないのが現状だからです。
しかし契約をする前に説明を受けていた売り上げ予測の数字が実際のものと大きくかけ離れていたり、万全のサポートを約束していたのに何もしてくれなかったりすると、誰かに助けを求めたくなるのは当たり前の心情でしょう。
一人で何事も解決しようとする人なら、ここできっぱりと契約を打ち切ろうと思うかもしれませんが、そんな場合でも多額の違約金が発生すると言われてしまうと、尻込みしてしまいますね。
思うような経営ができないままフランチャイザーの言いなりになってしまえば、傷つくのはフランチャイジー側です。
そういった時に役立つのが弁護士です。
弁護士にも得意分野がありますから、フランチャイズ問題を納得のいく形で解決したいなら、フランチャイザー・チャイジー両方の知識や事情に精通している弁護士事務所を選びましょう。
そうすることで、互いに納得できる形で解決が望めるのではないでしょうか。